AWS UD Cloudパッケージ

ハイブリッド構成の強みについて

お問い合わせ

ハイブリット構成のメリット

アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、信頼性と拡張性に優れたクラウドコンピューティングサービスを低料金で提供しており、190か国の100万以上、日本国内では10万以上のお客様にご利用されているクラウドコンピューティングサービスです。

AWSの特徴「信頼性」

AWSの特徴として、まず最初に挙げられるのが信頼性つまり、「セキュリティに対する信頼性の高さ」ではないでしょうか。
セキュリティの良し悪しの観点は、情報セキュリティの3大要素の「コンフィデンシャリティ(機密性)」「インテグリティ(完全性)」「アベイラビリティ(可用性)」となり、いずれの観点においてもAWSの環境は水準が高いといえます。

AWSの特徴「拡張性」

AWSの特徴のもう一つとして挙げられるのが、「拡張性」です。
クラウドはオンプレとは異なり、クラウドベンダーが保持している莫大なリソースを使用できるので、ものの数分で、サーバーのスペックを上げることが可能です。そのため、突然のアクセス増加による、サーバーダウンの心配や、サーバースペックを上げるための再構築などの必要もありません。オンプレの場合は、アクセス数や、通信量などを加味したうえで、ある程度スペックに余剰を持たせて、構築しなければならないため、その分の費用が無駄に発生してしまいます。
しかし、クラウド(AWS)は、一時的にスペックを上げることが容易なため、オンプレのように無駄に費用をかけることがありません。

AWSの特徴「利便性」

クラウドに移行させると、様々なことが改善されます。
例えば、オンプレであった数年に一度のサーバーのリプレース作業や、日々の運用、メンテナンス作業がなくなり、ほかの業務に時間を割くことができ、業務効率化につながります。
それ以外にも、ネットワークにさえつながっていれば、どこからでも利用することが可能なため、テレワークや働き方改革の手助けにもなります。
また、パソコンやタブレット、スマートフォンといった様々なデバイスから、1つのサーバーにアクセスし、データの同期を行うことも可能なので、情報共有が容易になります。