AWS UD Cloudパッケージ

AWSについての基礎知識

お問い合わせ

オンプレ&クラウド AWSハイブリッド構成のUD Cloud

「UD Cloud」は、オンプレミスとAWSクラウドを組み合わせたスタイル。 多くのお客様が悩む、顧客情報をクラウドで管理する際のセキュリティに柔軟に対応します。

AWSハイブリッド構成のUD Cloudは、AWSと自社オンプレミスを同時に構築・運用

コストメリット/セキュリティメリット、企業ごとのニーズに合わせて構築。

「UD Cloud」は、オンプレミスとawsクラウドの組み合わせたスタイル。多くのお客様が悩む、顧客情報をクラウドで管理する際のセキュリティ。

この構成では、セキュリティ面での制約が多い顧客情報はオンプレミスでの管理、そのほかのファイルやサーバーはawsクラウドで運用を行う、といったスタイルのハイブリッド構成が可能となっております。

「UD Cloud」は、オンプレミスとawsクラウドの組み合わせたスタイル

どんな企業がハイブリット構成を活用していますか?

「クラウドのみ」と「ハイブリッド構成」の判断材料例

導入の条件や懸念点 クラウド ハイブリッド
顧客情報をクラウド上で管理するのに抵抗がある
容量の増築の対応にキリがなくて困っている
3~5年の機材のリプレイスが億劫
経費をかけてスペックの高い機材を購入したが、費用対効果が不透明
業界や商材的にセキュリティ要件が厳しい

クラウドサービスを導入する際にネックとなるのが、セキュリティ面での不安の払拭と、公的文書での万が一の事態における責任の所在です。 各種業法に取り決められている顧客情報の取り扱いにおける制約には、第三者のサービスを利用する際の審査が必要となる場合が多く存在します。その際、企業によってはその審査の対応を渋るベンダーが多いのも現状です。また、企業としてもサービスを利用したくとも、情報漏洩のリスクを外部に作っておきたくないという声が、社内で発生するという懸念点はよくあるものです。

管理のデータ仕分けの一例

クラウド側で管理 オンプレミス側で管理
  • 営業資料
  • 社内資料
  • リモートワーク用フォルダ
  • 業務用個人用フォルダ
  • デザインデータ
  • 契約書
  • 顧客情報
  • 営業企画書
  • 人事書類
  • 個人情報
  • 在庫情報
  • 仕入れ先リスト

AWSのセキュリティの堅牢さは、クラウドサービスの中でも屈指のサービスと謳われていますが、それでも不安は残るものです。AWSハイブリッド構成のUD Cloudでは、制約の多い顧客情報などは、従来の運用方法のままで管理できるようオンプレミスで、その他のデータやファイルなどはクラウドで、というように運用する環境を構築するので、情報毎に少しづつ切り分けてクラウドに移行して様子を見たいというお客様にも大変おすすめです。

ハイブリッド構成を強みとして取り扱う理由

私たちがハイブリッド構成を強みとして取り扱う理由は、オンプレミスの機材の準備・設定、必要工事の手配を自社内で行うことが可能だからです。

もともと企業のインフラ回りを専業として取り組んでいるため、クラウドを導入していない現存の環境に対する知識・理解があります。そのため、セキュリティに関する障壁への提案の幅が広く、運用・保守に対するサポート体制が万全と自信を持って言えるからです。

他社ではオンプレミス部分の対応・工事の対応ができない企業がほとんど

AWS Outposts

Amazonの説明「AWS Outposts により、ネイティブの AWS サービス、インフラストラクチャ、運用モデルをほぼすべてのデータセンター、コロケーションスペース、オンプレミスの施設で利用できるようになります。」にあるように、オンプレミスの環境でAWSと同様の運用モデルを利用できるサービスとなっております。詳しくはお問合せください。